あなたは、番目の訪問者です!(2,000.10.26より)

皆さん如何お過ごしでしょうか。障がい者総合支援法が施行されて2年が経過しますが障害者自立支援法より厳しい現実が見えてきたようです。変更点や移行事項がけっこう多くなってきおります。全体的な国の予算は障害者福祉での減額は無いものの提供サービスが増えた分、他の単価が減らされております。まさに公共性が高い割には市場原理の中で競争しながら生きて行く方向にシフトされてきました。競争原理に乗せられた訳ですから各々の法人の経営次第で右に転ぶか左に転ぶかの瀬戸際になってきたのであります。一歩一歩福祉会ではじっくり見極めながらブレることのないように精査して参りたいと存じますのでこれからも関係者皆様方のご支援ご理解の程を宜しくお願い申し上げます。

URLが変わりましたのでお気に入り登録をお願いします。
新URL→ http://ippoippo.org/




さあいっぽいっぽとかくじつにまえへすすむんだ
つまずいたっていい
よそみしてもかまわない
ないてもわらってもいいんだよいろんなことあるんだから
いっぽいっぽ
そのなかにはたのしいことうれしいことかなしいこと
いっぱいあるよね
でもたすけるほうもたすけられるほうも
にんげんとしてもってるものはおなじなんだ



社会福祉法人一歩一歩福祉会は1995年6月に宮城県知事の認可が下り
現在のところ
仙台市青葉区内に知的障害者生活介護”ポケット”と”かがやきの杜”
そして心身障害者通所就労継続支援B型事業”仙台もぐらの家”を経営 しています
ポケットはJR仙山線”愛子駅”から近く
かがやきの杜は同線 ”葛岡駅” の目の前にあり
仙台もぐらの家は仙台宮城インターチェンジの出入り口隣りという
自然環境の良い便利なところに位置しており
3施設とも市街地まで車で10分でいけることを考えれば
好立地条件といえるでしょう



 1979年に障害者の自立及び自活の目的のもとに
障害者自らが民間のアパートを借りて始めた仙台もぐらの家が
その後運営母体である一歩一歩福祉会と後援会組織を作り
多くの市民からの賛同を得ながら法人格を取得し
認可施設”かがやきの杜”と”ポケット”を誕生させたことは
これまでの障害者運動及び福祉施設の歴史にはない
全国的にも珍しい成功例ではないかと思われます





Copyright(C)2000 by Ippoippofukushikai Reserve